夏と冬の寒暖差は60℃以上 厳しい環境がキセキのたまごを生む

生産者の想い

北海道の中でも北に位置する緑豊かな下川町。

そこに半世紀以上に渡って、たまごづくり一筋のあべ養鶏場があります。

“日本一おいしいたまごをつくりたい”という思いから、

一番大切にしているのは、たまごを産むニワトリが育つための環境。

与える飼料には、昆布酵素や乳酸菌などを配合し、

水には、下川町の緑豊かな山間や森から湧き出る水を与えています。

身体に優しく甘みのある安心・安全なたまごをともに作ってくれる

この森へ、大地へ感謝を込めて、皆さまと一緒に、

たまごづくりを通して、自然を守り、育てるお手伝いが出来れば幸いです。

  • 村上範英
  • 能藤一夫
  • あべ養鶏場について 画像
  • あべ養鶏場について 画像